まとめじゃぱん口コミ掲示板

日本や世界の話題になってるニュースを、あつめたサイトです。 掲示板等にはいろいろな(十人十色)意見の人々がいるのがわかります。

    2016年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 三毛猫 2016/08/14(日) 12:25:04.77 ID:CAP_USER9


     ◇SMAP解散

     国民的グループの解散劇はわずか2日間で決まった。電撃的決定の内幕で何が起きていたのか。真相に迫った。

     ジャニー社長が「冗談じゃない」とまで言った最悪の解散劇はなぜ起きてしまったのか。

     その鍵は2カ月前にあったジャニー社長とメンバーの面談の中身にある。テレビ局関係者によると、夏の音楽番組への出演を嫌がるメンバーにジャニー社長は「この年の僕が言ってるんだから」と懇願。「ファンも待ち望んでいるんだよ」と25周年コンサートもやるべきだと力を込めた。

     それでも木村拓哉(43)以外は首を縦に振らず、5人の足並みがそろうことはなかった。事務所トップの言葉に耳を貸さないのに、事務所には「残りたい」という態度に、メンバーの間に確執があることを理解していたスタッフも「わがままが過ぎる。さすがにひどい」と漏らすほどだった。

     この時点で活動再開の目は消えた。残った選択肢は活動休止と解散。希望を聞かれた草なぎ剛(42)と香取慎吾(39)は「どっちでもいい」と答えるほどグループの将来に無関心になっていた。

     その後、一度は無期限の活動休止に決定。一連のSMAPを巡る騒動はこれで決着したかに見えた。ところが事態は10日に急転する。木村を除く4人が突然、ジャニー社長の元を訪れた。

     「休むなら解散したい」と強く希望したのは香取。関係者は「元マネジャーの女性と一緒につくり上げられないSMAPは、もはやSMAPではないという思いに突き動かされたとしか考えられない」と推し量る。温度差はあるものの異論はない草なぎと稲垣吾郎(42)も反対はしなかった。

     一方、木村との対立が顕在化していた中居正広(43)だが、実は「解散は想定していなかった」(関係者)。ニュートラルな立場で今まで通り活動を続けることで「グループ存続の可能性を探っていた」(同)という。その場にいなかった木村とともに“多数決”に押される形で、11日には解散が正式決定した。

     結局、中居と木村の年長者2人も諦めの結果か、騒動の根源的な問題であるメンバー間の確執を取り除くことも、その作業に腐心することもできなかった。SMAPの最大の強みである個性のぶつかり合いは、それを束ねてきた元女性マネジャーがいたからこそ成立していたことを露呈し、それが致命傷となった。

    スポニチアネックス 8月14日(日)7時41分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000081-spnannex-ent.view-000



    【SMAP解散の内幕 香取が強く解散望む 中居は木村と対立も解散想定せず それでも木村拓哉(43)以外は首を縦に振らず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/08/03(水) 09:27:41.85 ID:CAP_USER
    時事通信 8月3日 8時56分配信

     【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は3日午前、西部・黄海南道の殷栗付近から
    日本海に向け、弾道ミサイル1発を発射した。

     ミサイルの種類や飛距離については分析中という。 
       
       
    北朝鮮は在韓米軍への最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備決定に強く反発し、7月19日に弾道ミサイル3発を日本海に向けて発射。中距離の「ノドン」や短距離「スカッド」だったと推定され、北朝鮮の国営メディアは翌20日、韓国への先制核攻撃を想定した試射に「成功した」と報じていた。

     相次ぐミサイル試射には、THAADが展開する予定の韓国南部・星州を含め、韓国全土への攻撃能力を誇示する狙いがあるとみられる

    1 (2)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000030-jij-kr

    【日本海に弾道ミサイル発射=韓国攻撃能力を誇示か―北朝鮮 ミサイルの種類や飛距離については分析中】の続きを読む

    このページのトップヘ