まとめじゃぱん口コミ掲示板

日本や世界の話題になってるニュースを、あつめたサイトです。 掲示板等にはいろいろな(十人十色)意見の人々がいるのがわかります。

    タグ:事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2016/07/23(土) 23:50:23.93 ID:CAP_USER9


     23日午後5時40分ごろ、熊本市中央区中央街の駐車場で「女性が倒れている」と、通りかかった女性から110番通報があった。熊本県警によると、倒れていたのは同市に住む高校2年の女子生徒(16)で、まもなく死亡が確認された。

     熊本北署によると、女子生徒は駐車場に仰向けで倒れていた。駐車場に隣接する10階建てのビル屋上には女子生徒の携帯電話が入ったリュックサックがあった。署は女子生徒がこのビルから転落したとみて経緯を調べている。

     現場は熊本市中心部の繁華街。ビルにテナントなどは入っていないという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160723-00000092-asahi-soci 
    03

    引用元 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1469285423/ 【熊本市中央区中央街の駐車場で高2の女子高生ビルから転落事件 10階屋上に携帯電話が入ったリュックサック】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: リサとギャスパール ★ 2016/07/09(土) 21:19:32.12 ID:CAP_USER9
     東京都立川市のマンションでパート従業員浅井真弓子さん(26)が首に電気コードを巻かれた状態で死亡していた事件で、
    警視庁立川署は9日、浅井さんの知人の昭島市宮沢町、会社員大井裕紀容疑者(26)を殺人容疑で逮捕した。

     発表によると、大井容疑者は今月7日午後0時15分から同6時半までの間、浅井さん宅で、浅井さんの首を電気コードで絞めて殺害した疑い。
    調べに対し、「首を絞めた」と関与を認めているという。

     大井容疑者の妻が同日午後5時半頃、「浅井さんと連絡が取れない」と通報
    駆けつけた立川署員が、自宅室内のベッド脇で、首に電気コードが巻き付いた状態で死亡している浅井さんを発見した。
    浅井さんは、大井容疑者の妻の友人だったが、大井容疑者と交際していたといい、同署で詳しい事情を聞いている。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160709-OYT1T50094.html?from=tw
    (2016年07月09日 21時11分)



    3: 名無しさん@1周年 2016/07/09(土) 21:21:58.47 ID:hYOOS36I0
    被害者

    no title

    引用元 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468066772/ 【立川マンション変死事件 26歳の女性殺害容疑、浅井さんの知人の会社員大井裕紀容疑者(26)を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2016/07/09(土) 17:51:39.71 ID:CAP_USER9


     9日午前8時10分ごろ、大阪市北区堂山町の路上で、ともに東京都内に住む大学2年の21歳と20歳の男子学生が、20代ぐらいの2人組の男からすれ違いざまに「おい」と因縁をつけられた。男らは頭や腹を殴るなどの暴行を加えて21歳の男子学生のかばんから現金約2万円入りの財布を奪ったほか、走って逃げた2人を追いかけて、20歳の男子学生からもかばんに入れていた約8千円入りの財布を奪い、そのまま逃走。男子学生2人にけがはなく、大阪府警曽根崎署は強盗容疑で捜査している

     同署によると、被害に遭った男子学生2人は、友人に会うためこの日早朝、東京から夜行バスで大阪に着いたばかりだったという。

     逃げた男らのうち1人は身長約170センチのがっちりした体格で、上半身にタトゥーを入れていた。もう一人は約165センチの細身で、野球帽を被っていた。

    239: 名無しさん@1周年 2016/07/09(土) 18:21:27.19 ID:eGMu1g9/0
    >>1
    no title

    引用先 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468054299/ 【大阪強盗事件 東京から夜行バスで到着して早朝に…大阪市北区堂山町の路上で男子大学生2人が2人組の男に因縁つけられ金奪われる 強盗容疑で捜査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: DQN ★ 2016/07/08(金) 07:45:19.04 ID:CAP_USER9
    7日夜、東京・立川市のマンションの部屋で、この部屋に住む26歳の女性が首に電気コードが巻かれた状態で死亡しているのが見つかり警視庁がくわしい状況を調べています。

    7日午後6時半ごろ、東京・立川市西砂町にあるマンションの3階で、この部屋に住むパート従業員の淺井真弓子さん(26)がベッドの横で死亡しているのを警察官が見つけました。

    警視庁によりますと、淺井さんの友人から「連絡がとれない」と相談があったため警察官が部屋に入ると首に電気コードが巻かれた状態であおむけに倒れていたということです。

    これまでの調べで部屋に荒らされた様子はなく、暗証番号を入力する方式の玄関の鍵はかかっていましたが、窓の鍵は開いていて発見当時半袖のTシャツに黒っぽいズボンを身につけていたということです。

    また、淺井さんはこの部屋で母親と妹それに娘と同居し、7日の朝は特に変わった様子はなかったと家族が話しているということで、警視庁がくわしい状況を調べています。

    NHK:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160708/k10010587121000.html


    imgres


    引用元 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467931519/  【東京・立川市 マンションで26歳女性変死 首に電気コードが巻かれた状態 事件に巻き込まれたか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かばほ~るφ ★  2016/06/30(木) 12:37:46.74 ID:CAP_USER9
    <特殊詐欺>損害賠償求め、組トップを提訴 使用者責任問う
    6月30日(木)11時26分配信

    指定暴力団・住吉会系の暴力団員らによる特殊詐欺事件の被害者7人が30日、
    改正暴力団対策法に基づき、事件に直接関与していない住吉会トップの西口茂男総裁ら最高幹部3人を含む7人を相手に、
    被害金など計約2億2000万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
    原告弁護団によると、特殊詐欺事件を巡って暴力団トップの使用者責任を問う民事訴訟は全国初。

    オレオレ詐欺や架空請求詐欺などの特殊詐欺は暴力団の主要な資金源になっているとされる。
    警察庁によると、2015年に特殊詐欺事件で検挙された容疑者の33%にあたる826人が暴力団関係者で、
    今回の訴訟でトップの責任が認められれば、特殊詐欺の抑止につながる可能性がある。

    提訴の原因となった事件は、14~15年、実体のない再生医療研究開発会社の社債購入を持ち掛けるなどして
    高齢者らから現金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課などが住吉会の3次団体幹部ら33人を詐欺容疑で逮捕。
    28人が起訴され、リーダー格で組長代行の男(42)が今年3月に懲役10年の実刑判決を受けた。

    グループは全国の約170人から15億円以上を詐取したとみられているが、
    警視庁の捜査では西口総裁ら最高幹部の直接的な関与は確認できなかった。

    原告側は、住吉会の複数の傘下組織が事件に関与していたことなどを根拠に
    「住吉会が威力を利用して財産を侵害した組織的な詐欺」としてトップの責任を問えると判断した。
    末端組員より資金力の豊富な最高幹部を訴えることで、被害回復の可能性が高まることが期待されるという。

    暴力団トップの責任を問う訴訟は、暴力団同士の抗争の巻き添えになった被害者の遺族が損害賠償を求める
    などのケースはあったが、特殊詐欺の被害者が被害金の賠償を求めるケースは初めて。
    警視庁幹部は「訴えが認められれば、暴力団組織の弱体化につながるだけでなく、
    これまで難しかった特殊詐欺の被害回復でも前例になる」と話している。【宮崎隆、黒川晋史】

    【ことば】改正暴力団対策法に基づく組長責任
    2008年5月施行の改正暴対法は、指定暴力団の組員が「暴力団の威力を利用した資金獲得行為」
    で他人の生命や財産を侵害した場合、暴力団の代表者も賠償責任を負うと規定。
    これにより、末端の組員の犯罪で暴力団トップの責任を問うことが可能になった。
    改正法が施行される以前は、民法の「使用者責任」の規定に基づいた訴訟があったが、
    組員とトップの間の「使用関係」の立証などが必要で、ハードルが高かった。

    Yahoo!ニュース(毎日新聞 6月30日(木)11時26分配信)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000026-mai-soci
    afr1606300015-n1

    転載元 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467257866/ 【住吉会の複数の傘下組織が事件に関与していた特殊詐欺事件の被害者7人、指定暴力団・住吉会の総裁らを提訴 使用者責任を問い損害賠償求める】の続きを読む

    このページのトップヘ