まとめじゃぱん口コミ掲示板

日本や世界の話題になってるニュースを、あつめたサイトです。 掲示板等にはいろいろな(十人十色)意見の人々がいるのがわかります。

    タグ:熊本県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かばほ~るφ ★ 地震ダメ 2016/05/30(月) 14:41:26.02 ID:CAP_USER9
    地震後に異変 田んぼに“温泉”湧いた? 困惑や期待の声 熊本県阿蘇市
    5月30日(月)13時40分配信

    田んぼの真ん中から“温泉”が湧いた? 熊本地震の発生後、熊本県阿蘇市狩尾地区の田んぼからぬるい湯が湧き出し、
    「温泉か」と話題になっている。地震の影響とみられるが、もともと井戸などがあった場所ではなく、
    住民は首をかしげる。同地区では地震で地盤沈下や亀裂が多数発生。
    地下水が噴出したり、井戸が枯れたりする被害も相次ぎ、産業技術総合研究所(産総研、茨城県)は
    近く現地調査に乗り出す。

    田園風景が広がる同地区。地震で地面がずれ、大きな起伏ができた県道沿いの田んぼの一角を見ると、
    高さ約50センチのパイプの先端からこんこんと透明な水が湧き出ていた。触ってみると生ぬるい。
    住民によると、湯は鉄分を含んでいるとみられ、約25メートル四方に広がる水たまりには、赤茶色の沈殿物が漂っていた。

    ■「温泉ならよかけど、今の状況では何も作れない。」

    田んぼの隣に住む高島ハチミさん(83)は、4月16日の「本震」後の朝、田んぼの異変に気付いた。
    「草の間から水が染み出し、湯気がもくもくと上がっていた」と振り返る。その後も水が染み出る面積は広がり、
    近くの阿部政信さん(65)が5月中旬、湧く場所を特定した。
    湯温は25度前後とみられるが、日によって変化し、本震直後より湯量は増えているという。

    湯は米作りには使えず、水路も地震で壊れ、現在は田植えができない状態。
    高島さんは「温泉ならよかけど、今の状況では何も作れない。かえって迷惑」と困惑気味。
    法律上、温泉は25度以上で成分などの規定があるが、阿部さんは
    「湯量や温度が安定すれば、温泉として活用できるかもしれない」と期待する。

    現場から約200メートル先の井戸は水が出なくなり、2キロほど離れた温泉では湯量が増え、温度も上昇。
    一方、約3キロ先の内牧温泉は一部の源泉で湯量が減少するなどの異変が起きている。

    産総研地質調査総合センターは近く現地で水質などを調べる。
    佐藤努主任研究員は「近くの温泉と成分が一致すれば、地震の影響で新たに湧き出した可能性がある」
    と指摘している。

    Yahoo!ニュース(西日本新聞 5月30日(月)13時40分配信)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00010008-nishinp-soci
    田んぼの中で湧き出るぬるい湯。4月の地震直後より湯量は増えているという
    =27日午前、熊本県阿蘇市狩尾
    no title

    転載元 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464586886/ 【【熊本県阿蘇市】地震後、田んぼに異変なんと“温泉”湧いた? 困惑や期待の声…阿蘇市狩尾地区】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プーアル ★ 2016/04/22(金) 13:01:29.27 ID:sage*
    女優の能年玲奈が21日、熊本県のご当地キャラクター・くまモンのイラストをブログで公開し、
    「素晴らしい絵」「ジーンときた」と絵画に反響を呼んでいる。

    no title

    http://www.cinematoday.jp/page/N0082229

    【【素晴らしい絵】能年玲奈の“くまモン頑張れ絵画”に大反響 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: エルボーバット(台湾)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 23:55:23.02 ID:279NXloU0●?2BP(3000)

    被災者の疑問「そういえば自衛隊員がご飯を食べているのを見たことがない…」→衝撃の真実が明らかに


    どうしても食料と水が不足してしまう被災地にて、食料を持って救助に駆けつけた自衛隊員は被災者に
    温かいご飯をつくって配る。だが、被災者によると自衛隊員たちがご飯を食べているところを一度も見た
    ことがないという…。
    一体、自衛隊の人たちは現地にてどこで何を食べているのか?厳しい規則があるようで、子供からの
    差し入れも受け取らなかった。

    言うまでもなく自衛隊員たちも人間なのだから何かを食べないと活動できない。ただ、現地でつくった
    温かいご飯は全て被災者に配ってしまい、当の本人たちの分は全く残らないという。
    この疑問について、これまでメディアに取り上げられなかった真実が、4/19に明かされ周囲がどよめいた。

    急いで現場に駆けつけた隊員はすぐにご飯をつくる準備を始め、大きな調理器具を使って数百人単位の
    調理に集中する。そして長蛇の列を長い時間をかけてさばいてから車に戻り、持参した缶詰を冷たいまま
    食べるのだ。その様子は部外者に見られることはなく、非常にひっそりと行われる。
    どうりで食事しているところを見たことがないはずだ。

    ▼現地でご飯をつくっていると被災者の列ができる。これでは自分たちは食べられまい。

    no title


    ▼緊急でつくった銭湯はもちろん地域住民が優先で、自衛隊員は基本的に使用しない。入れたとしても3日に1日ほど。

    no title


    この他にも、物資の在庫事情によっては缶詰ではなく、レトルトカレーの封を切ってジュースのように
    喉に流しこむ日もある。今までひっそりと誰にも知られることなくそこまでしてくれていたとは涙が出そう
    になる。
    一方でマスコミは呑気なものだ。自分たちの金儲けのために被災地を荒らしてまわる。

    http://netgeek.biz/archives/71275



     

    【復興支援と抜かして、被災地に入った自衛隊が本当は何をしてるか?wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Hikaru 2016/04/21(木) 19:34:54.28 ID:sage
     熊本地震の安否不明者捜索や被災者支援のため熊本県入りしている陸上自衛隊東北方面隊の
    災害派遣部隊(隊長・掛川壽一第6師団長)の約2300人は21日、大雨の中で懸命に活動を続けた。

     第6師団によると、第20普通科連隊(山形県東根市)のうち約100人は20日から南阿蘇村で
    本格的な捜索活動を行っているが、21日は二次災害の恐れがあるため中断が続いた。

     同連隊の他の隊員や第6後方支援連隊(同)、第21普通科連隊(秋田市)、第44普通科連隊(福島市)は
    阿蘇市内の10カ所で給水や炊き出し、入浴などの支援を行っている。
    仮設風呂の女湯は女性隊員が運営に当たっており、被災者から感謝されているという。

     海上自衛隊大湊基地(青森県むつ市)も20日、仮設風呂2基と隊員23人(うち女性3人)を陸路で出発させた。22日に現地入りする。

    ◆陸上自衛隊第6後方支援連隊(山形県東根市)が設置した仮設風呂「山形花笠の湯」の女湯を案内する女性隊員=20日、熊本県阿蘇市(陸上自衛隊提供)
    no title


    産経ニュース 2016.4.21 19:14
    http://www.sankei.com/affairs/news/160421/afr1604210049-n1.html

    【【仮設「女湯」に感謝の声】東北から派遣の陸自女性隊員が活躍〔画像あり〕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: リサとギャスパール ★ 2016/04/20(水) 15:53:38.84 ID:CAP_USER*
     4月14日の夜、熊本県を震源とする最大震度7の強い地震と、16日未明に熊本県と大分県で最大震度6強の地震が発生しました。

     現在も余震が続く中、ネット上では、大分県の「被害状況も忘れないでほしい」との声が相次いでいます。
    大分県では、由布市や別府市といった温泉地の一部で大きな被害がでているそうです。

     4月20日、午前7時の時点で9市町に避難所が開設され、現在も561名の方が避難しています。
    no title

    https://twitter.com/oitapref/status/722589282381074432

     熊本県より、地震の被害は少ないものの、支援物資が届かないところがあるそうです。

     東日本大震災では、茨城県にも甚大な被害をもたらしました。
    しかし、茨城県の被害状況については、あまりクローズアップされていなかったように思います。

     昨夜と比べて、避難者数は減少していますが、支援物資が必要な被災者も多いそうです。

     ネット上では、大分県の被害状況も「忘れないでほしい」といった声が、多数寄せられています。
    また、大分県内では、ペットボトルの水や防災グッズなどの物資も不足しているそうです。

     気象庁は、今後しばらく熊本県や大分県で、余震が続く可能性があるとして警戒を呼びかけています。

    http://irorio.jp/kaseisana/20160420/316302/
    2016年04月20日 14時47分

    【【被害は熊本県だけじゃない】大分県の被害状況も「忘れないでほしい」との声相次ぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ