1: 影のたけし軍団 ★ 2017/02/01(水) 10:00:48.27 ID:CAP_USER9
総務省が31日に公表した住民基本台帳に基づく2016年の人口移動報告によると、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)は、
転入者が転出者を上回る「転入超過」が11万7868人だった。

前年より1489人少なく、5年ぶりに減少したものの、転入超過は21年連続となった。
一極集中に歯止めがかかっておらず、東京圏への転入・転出を20年に均衡させる政府目標の達成は困難な状況だ。

都道府県別で転入超過は東京圏と愛知、大阪、福岡の計7都府県のみ。残りの40道府県が転出超過だった。沖縄も転出超過に転じた。

総務省の担当者は「特に千葉県のベッドタウンなど、子育て支援に力を入れている地域への人口流入が目立つ。
東京圏以外では企業や大学の多い大都市に人が集まっている」と説明した。

転入超過が最大だったのは東京の7万4177人で、千葉1万6075人、埼玉1万5560人と続いた。

転出超過は北海道の6874人が最大で、熊本の6791人、兵庫の6760人の順だった。
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=315591&comment_sub_id=0&category_id=256

20170201-OYT1I50001-L


【東京圏が人口増加 転入超過が続く・・・1位東京都、2位千葉県、3位埼玉県】の続きを読む